本文へスキップ

株式会社エムセックインターナショナルは海外演奏旅行の企画、及び手配に特化した専門会社です。

TEL. 03-3406-1122

海外の一流音楽ホールに満席の観客を動員して演奏会を開催する事が出来ます。

ブラームス
ドイツ レクイエム 合唱団員募集
サントリー ホール
開催日時:2019年2月27日(水)19:00
曲  目 :ブラームス ドイツ レクイエム  
会  場 :サントリー ホール
指揮者 :福島 章恭
管弦楽 : ヴェリタス シンフォニー オーケストラ
サントリーホールは、1986 年に東京発のクラシック音楽専用ホールとして設立されました。ホール建設にあたっては、ドイツ・ベルリンのフィルハーモニーホールを参考にしており、世界的指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンの助言も参考にされました。サントリーホールの音響は、「音の宝石箱」などとも呼ばれており、国内屈指の音響の良さを誇ります。それだけに、現在、7 つの在京のプロ・オーケストラがこのホールで定期演奏会を開催しており、海外のオーケストラの来日公演を含めると、実に年間約200 回ものクラシックの演奏会が行われています。
管弦楽 : ヴェリタス シンフォニー オーケストラ
 
---福島 章恭---桐朋学園大学演奏学科声楽専攻卒業。1996年ベルギー・ナミュールにてフリーダー・ベルニウス氏による合唱指揮マスタークラスを受講。2004年ウィーン・ムジークフェラインザール、ザルツブルグ・モーツァルテウムにて高田三郎《水のいのち》を現地初演。2005年プラハ・スメタナホールにてドヴォルザーク《ミサ曲ニ長調》、2006年ウィーン・ムジークフェライン大ホールにてモーツァルト《レクイエム》(チェコ・プラハ管)、2009年ウィーン・シュテファン寺院からの招聘により、モーツァルト《レクイエム》を指揮。2010年には、日本人として初めてヴァチカン・システィーナ礼拝堂で合唱コンサートを指揮。また、2013年8月、ライプツィヒ・トーマス教会にてJ.S.バッハ《ミサ曲ロ短調》を指揮。2014年10月には愛知祝祭管弦楽団「福島章恭ブルックナー プロジェクト」にて交響曲第8番を指揮。CD化され好評を博す。
音楽評論家として、1994年アリオン賞(現柴田南雄音楽賞)奨励賞(本賞なし)受賞。著書に「新版 クラシックCDの名盤」「同 演奏家篇」(宇野功芳・中野雄共著、文春新書)「モーツァルトをCDで究める」「モーツァルト百科全書」「バッハをCDで究める」(毎日新聞社)を上梓。自他ともに認めるアナログ・オーディオマニアでもある。
 
練習会について
東京、名古屋地区にて練習会についての情報は以下をご覧ください。
東京案内(PDF) 名古屋案内(PDF) 

募集対象

合唱団員

ご質問等はお電話「03-3406-1122」または、メール「info@mcec-inter.com」にてお気軽にお問合せ下さい


★★当社の総合案内はこちらをご覧ください★★
★★スタッフのコラムもご覧ください★★

バナースペース

株式会社 エムセック インターナショナル

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-8-7
青山宮野ビル2F

TEL 03-3406-1122
FAX 03-3406-1125

観光庁長官登録旅行業
第1999号


旅行業公正取引協議会会員


JATA
一般社団法人
日本旅行業協会正会員



JATA重大事故支援システム
JATA重大事故支援システム